今月は、サンマを3枚におろして、がっつり「かば焼き丼」

さあ、はじめての魚をおろす作業です。

sanma1

うーん、魚はにがてだし・・・

難しいなあ。

sanma2

やったー!

できたよ~

すごーい!ちょっと身がうすいけど・・・ドンマイ!

はじめてだけど、できました。

sanma3

「感謝してたべないとだめだぞ~」

みんな初めてにしてはなかなか上手にできたほうですよ~スバラシイ

sanma4

おお~!

サンマのかば焼き丼。完成~!!

このほかに、豚汁とかぼちゃモンブランも作りました~

よくがんばった!!

毎回、魚をおろす作業は大変です。

途中で気分が悪くなる子もいます。

でも、私はあえてやります。やり続けます。

「命をいただいて、生きている」ということを伝える大事な授業だから。

「気持ち悪ーい」とか

「魚すかんけん食べんけんしない」とか、

「切り身買えばいいやん」とか

いろいろ言います。

でも、やります。

私だって切り身を買えば汚れないし、どんなに楽か・・・

でも、誰かが切り身にしてくれているんです。

誰かが海に出て、魚を獲っています。

感謝しなければなりません。

そんなことを感覚として感じてほしい授業です。